平山龍太郎さん

【留学した理由】
中学生だった頃にフィリピンの学校教育についてのテレビ番組を見て、彼らは自分たちの国の言葉(タガログ語)があるのに専門知識の用語は自国語訳がないため教育を全て英語で行なっていると知りました。その時にふと私は今勉強していることをこのテレビの向こうのフィリピンの人たち、あるいはその他世界各国の人たちとディスカッションできるかな?と考え、その当時、自分にはできないと思いました。このままでは世界の人たちと対等になれないと考え、私も英語で教育を受けてみたいという思いが強くなり、留学しました。

【現地での学校生活や暮らし】
カナダでの学校生活はとても充実していました。友達もたくさんでき卒業する頃までには学校のどこへ行っても友達に会ってしまうくらいでした。卒業が近づいてくるとみんなでピクニックに行ったり、遊園地に行ったりと現地生、留学生関係なくみんなと仲良くできて楽しかったです。また、ホームステイも優しいホストファミリーに出会えたおかげでホストファミリーのみならずホストファミリーの家族、親戚とも交流が深められ、忘れられない体験になりました。

それでも、初めは現地の生活環境に慣れるのに時間がかかりました。食事や文化もそうですが、何よりも学校に行っても知り合いがいないので友達を1から作らないといけなかったですし、なれない英語での生活で日本だったらぐいぐいいけるところも気持ちが引いてしまうこともありました。また、勉強面でもチャレンジングな授業を多くとっていたので苦大変でした。

【カナダ留学を検討している人にメッセージ】
留学は自分を変えることができるとても貴重でこの上ない機会です。楽しいことばかりではなく辛いこともたくさんあるかもしれません。でも、結局は自分のやる気次第!カナダ留学へ行って今の自分をバージョンアップさせましょう!!